たくとのこと (6)「犬が教えてくれること」

うるっ2

 

 

『Part』

君は守られてるフリをして
いつも私を励ましてる
車の中で声がかれるほど泣いて
笑って部屋のドアを開けたのに
「おかえり」の足音が聞こえない
部屋の真ん中で君も泣いていた

分かるの?どうして?
言葉も持たないのに
涙を全部舐めて得意気に鼻を上げた

潤んだ瞳で精一杯
「愛してる」いつだって変わらない
君の目にはいつも私が映ってる



時にはライオンのように勇ましく
綿菓子のように柔らかく
尾を上げ歩く姿はしなやかで
寄り添って眠る時は子供のよう
変わらぬ愛情は一途過ぎて
泣けてくるくらいの幸福をくれる

散歩に行こう
優雅に時を過ごそう
君が教えてる
季節の贈り物

短い命でも精一杯
今日も体中で喜んでる
泣いて過ごすより笑って一日を生きよう


鼻で毛布を持ち上げて
私の右側に入ってくる
肩に顎をのせて眠る
温かい命がここにある
You love me
I love you
You are my part
I want you tou live long
長生きしてね

 

 

010-4

 


私の波瀾万丈人生をたくとは全部、知っている。
私のことをきっと誰より知っているだろう。

具体的に全部は書かないけど
不思議なこともたくさんあった。

私より、色んなことを本当は知っているんだなって思っていた。


その色んなエピソードがある中で
この歌の歌詞になった時のことをここに書きたい。

27歳ぐらいの時かな。
その頃、私の生活はめちゃくちゃで
彼氏の暴力、会社でのいじめ、病気…

そんな時、病院から電話があった。
「染矢敦子さん、ご本人ですか?」
検査結果を聞きに来てないので、来るようにとの電話だった。
気になるところがあると…

結果はガンの初期かもしれないので
がんセンターでちゃんと調べてもらうようにとのこと。

冷静に話を聞いて、車に乗って、泣いた。

けど、いつも笑ってたくとに「ただいま」を言うようにしていたから
涙をふいて、マンションのドアを開けた。
いつのもは玄関まで喜んで迎えに来るたくとが来ない。

「たくと〜〜たくと〜〜ねーねえ帰ったよ」
部屋の方に入っていくと、部屋の真ん中にちょこんと座って
たくとが泣いていた。

 

 

0204-1

 


分かってるんだ、なにもかも。
たくとを抱きしめて泣いた。

「つらいことがあっても人には見せないで
たくとを抱きしめて泣きなさい」
母に言われたことを思い出す。

余談だけど、その生活のすべてを変えたら
ガンの初期みたいなのはあっさり消えた。
自分の心の状態が体に現れることを身を持って知った出来事。
私のそれからの歌、話、うたこやに役に立つ大切な経験だったと思う。

でも、そのつらい時期、たくともきっとつらかったんだろうなあ。
たくとのてんかんが始まったのもその頃。
たくとも、私と同じでいろんな病気をした。
精神的なものが大きかったんだろう。
私は難病も治った経験があるし、たくとも6年前から病気知らず!
たくとの病気から学んだことも多い。
そのことを次に書こう。

 

 

1月1日2

 


歳をとってきて、一人で寝るのを好むようになるまで一緒に寝ていたなあ。
冬、肩にあごを乗せて、寄り沿って眠る
その一瞬に毎日たまらなく幸せを感じていた。

いのちってあったかいなあ。
一緒って幸せだなあ。
これは愛なんだよなあ。
幸せだな〜幸せだなあ〜

 

 

0524-2

 


思いや言葉、笑顔の大切さ。
今日一日を精一杯生きることの大切さ。
言葉を持たない犬が教えてくれていた。
たくとと暮らすことで、私の人生は良い風に変わっていったんだなあ。

泣いて過ごすより笑って一日を生きよう

 

 


たくとのこと (5)「終わらない愛をあげよう」

1204-4

 

 

<キセキノタテガミ>

「例え言葉を無くし、命短くとも 
あなたのそばにいれるなら」
城を後にした

…王子は願う…

終わらない愛をあげよう
あなただけ 
あなただけを愛してる
慰めの言葉も
あなたを抱きしめる腕の力もなくても
あなただけ
あなただけを


鏡の中 海の底 深い森の中
疲れ果てた王子の目に探し物が映る

…意識が途切れ…

泣き出したあなたの涙を
僕が舐めてあげている
「ありがとう」
小さくあなたが笑ってる
僕を撫でながら
王子はそんな夢を見た


ー目覚めたら そこは見知らぬ街角
どれ程 時が過ぎただろう
近付く足音 恋いこがれた人
あなたに抱き上げられるー


…願いは叶う…


気高さは たてがみに残して
勇ましく 風に吠える
瞳には常にあなたを映し続ける
いつでも 守ってる

終わらない愛をあげよう
あなただけ 
あなただけを愛してる
慰めの言葉も 
あなたを抱きしめる腕の力もなくても
あなただけ
あなただけを

 

 

1117-3

 


たくとは、私の為に生まれてきたんじゃないかなって
思っている。
その思いと、犬は死の概念がないというお話を聞いて
物語がぶわっと私の中に浮かんできた。

いつかの時代
たくとは、王子様。
なにかの理由で一緒にいられない私。

大切な人と一緒に暮らせる方法を王子は探して旅に出る。

私の頭の中に流れている映像で考えてると
探しているものは「魔法」

鏡の中...白雪姫
海の底...人魚姫
森の中...青い鳥のお話
そんなイメージ。

読んでくれた方
歌を聴いてくれた方の中に映像が浮かんだらいいな。
 

 

0503-1

 


こうやって、たくとに作った歌を引っ張り出して
ブログを書きながら
赤ちゃんの頃からのたくとの写真を見ていて
私の状態が良くない時は、たくとの表情もよくないことに気付く。

やっぱり私が笑っているのが一番なんだね。

犬は飼い主の鏡

 

 


たくとのこと (4)「支え続けるもの」

0420-12

 

 

『curerifle』

どんな時も強く
そんな僕の代わりに 
部屋の真ん中で座ったまま君は泣いた

見せ掛けだけが嫌いで 
裸の自分で勝負する
それが僕のプライドで それが僕を苦しめる

君が僕を守る
僕が君を守る
愛してる
君を愛してる
永遠を君が教えてくれた


元気をくれる人
成りたい反面
傷付いても 傷つけても 
真実だけを口にした

自分の言葉や行動に責任を持ち続ける
それが僕のプライドで 
痛みさえも生み出した


君を思うだけで…やさしい気持ちになる
君に触れるだけで…傷さえも癒える
君を見てるだけで…自然に笑みがこぼれる
戦士が眠りにつく まるで天使の羽

消えてしまうことが恐くて震えていた
眠れぬ夜はもう来ない
永遠が僕に勇気をくれる

君が僕を守る
僕が君を守る
愛してる
君を愛してる
永遠を君が教えてくれた

 

 

0424-2

 

 

私はどうも変わり者らしく
何かを作る人には仕方ないのかもしれないけど
とにかく感じ過ぎる。
だから、作品もできるし、共感もしてもらえたりもするから
今では、歌の為にすべて必要だと思っている。

でも、すごく生きにくかった。
曖昧とか、さらっとした嘘とかも苦手てで
両親や祖母も心配するくらい、バカがつく素直らしい…。
その割に正義感も強く、自分にも厳しかった。

本当の意味で理解してくれる人はいないと思っていたし
ずっとひとりぼっちな気がしていた。

けど、たくとがやってきて、私はひとりぼっちじゃなくなった。

死に対する恐怖
死んでしまったら、真っ暗闇にひとりぼっち…
そんな幼少時代からの苦しみからも解放された。
きっとこの命の終わりの後も、たくとはそばにいれくれる。

 

 

0304-06

 

 

一人でもがむしゃらに頑張ってこれたのは
小さな一匹の犬が支えてくれたから。
あまりにも大きな存在。

猫可愛がりはしなくて
いつもくっついていた訳じゃない。
マイペースな私とたくと。
ペットというより、共存。

共に生きる。

そのたくととの関係が、ワンワンライブに通じる。
共に生きる。
言葉はなくても、信じ、愛し、尊重し合い、静かに同じ時間を重ねる。

出かけても戦っても傷ついても、戻れる場所。
愛と温かさで待っててくれる存在。

振り向けばいつもいて
いつでも触れられる距離。
思われている安心感。

染矢敦子を支え続けるもの。

 

 


たくとのこと (3)「約束」

愛宕公園2

 

 

「約束」

寝ぼけた顔で 朝の散歩は楽しいね
お月様キレイ 夜の散歩も楽しいね

目覚まし時計のその後に
毎朝 君が kiss kiss…
「今日も会えてうれしいね」
そうだね
本当うれしいね

lalala…歩いていこう
急がないでのんびりいこう
支え合ってる
思い合ってる
言葉じゃない
君と僕だけの約束!


新幹線 乗った
割とお利口だった
最初はよそ行き
震えていたね ごめんね

車で行かれる距離にしか行ったことないけど
これからは!
どこでも行けるね うれしいね
次は飛行機 だいじょうぶ?

lalala…一緒にいこう
海も山も都会も外国も
ホームでワンワン
注目の的
恥ずかしいから吠えないで
約束!


lalala…怖くはないさ
何にでも挑戦しよう
楽しみは無限大
疲れたら‘抱っこ’と‘牛乳’で復活!

lalala…歩いていこう
くじけそうな辛い時でも
君と僕は死ぬまで一緒
どちらかが天に召されるまで
ねっ
約束♡

 

 

愛宕公園3

 

 

たくとが来て最初の辛い時期を終わらせたのは
やっぱり自分だったかもしれない。
福岡にたくとと来ようと決めた。

なぜ福岡だったのか…
もっと歌が歌えるような気がしたから。
もう一度、生き直すと決めた。
もう一度、夢を追いかけると決めた。
たくとと二人で。

新幹線に乗ったのは、福岡に家を探しに来た時。
だから、吠えたホームは博多駅。
田舎から出て来た二人組は、人の多さにびっくりしました(笑)

 

 

大分

 


福岡に来る前は、友人のおうちのパーティに連れて行ったり
川や公園やみんなで遊ぶ時に一緒に行った。
野外のライブやログハウスのライブも一緒に行ったね。
みんなにかわいがってもらえたよね。

散歩が大好きで一日、三回行ってたなあ。
雨の日は青いチェックのレインコートを着て
雪の日も、私の体調が悪い日も、仕事が忙しい日も
老犬ちゃんになってお外に出たがらなくなるまで
一日も欠かさなかった。

ずっとずっとずっと一緒に歩いて来たんだよね。

つづく

 

 


たくとのこと (2) 「犬は天使」

あかちゃん

 

 

『散歩』

 

コスモスが揺れる
ススキが揺れる
小さな体で君は走る

青い空の下
ゆるやかな時間
いつもは見過ごすキレイを君が運んでくれた

風の匂い
虫の声
季節の色
やさしい歌

生まれたばかりの君の未来が輝くように
小さなことにもめげない大きな人になりたい

 

 

 

この歌詞は、たくとの歌、第一弾「散歩」
初めて作った三拍子のかわいい歌。

散歩することで、気付く自然の美しさ、季節の移ろい。
いのちって、温かいんだってこと。
変わらない愛やいつもいてくれる安心感や
チャムからもらったものとはまた違う
色んなものをたくとと暮らすことで知った。

たくとがいたから生まれた思いや歌も多い。



たくとが来た頃からきっと始まっていた不穏な時期。
それから私は激動期に突入する。辛かったな〜
生きてこれたのは、たくとがいたから。

私に会う為にたくとは生まれてきた。
たくとが生まれたから、私は突然、犬を飼いたくなったんだと思う。

犬は天使。
神様からの使い。
つらかったり、孤独だったり
色んな苦しみを乗り越えられるように人間に与えられる天使。
神様からのギフトかな。
たくとがいなかったら、きっと私はここにはいない。

一日、三回の散歩。
二回のご飯。
私がいないと死んでしまう命。
大好きだよって、いつも私を見つめて、寄り沿ってくる。
私が泣きだすと、寝ていても走ってきて、涙を全部なめてくれた。

 

 

凛々しい

 

 

『天使くん』

 

流れ続ける涙を 君がすくってくれる
「外へ出よう」君が言うから
扉を開けると…
僕の涙は 夜空の星になった

自慢気に大きな瞳をキラキラさせている
なんて澄んだ眼差し
見る者を素直にする
癒せる力を生まれながらに持っている

糸の千切れたマリオネットを君が見つめる
立って 踊って
一緒に遊ぼう

笑みを忘れた道化師に君がささやく
前見て 笑って
一緒に歌おう

青リンゴ好きの天使がいる
僕は きっと 立ち直る
 

 


 


犬ってすごい!
って私は思う。
色んなことを知っている。

今は涙は舐めにこないけど、存在が私を支えてくれる。
何度も何度も訪れる試練も一緒に乗り越えるんだ。

幸せにする!
ネーネー(私のこと)のとこに来て良かったって
たくとが思うように私はたくとを幸せにする!

風音もね♪

だから私がいっぱい笑って、いっぱい幸せになるんだ。


つづく

 

 



犬のお話 タイトル

        

プロフィール

犬の歌

リンク

犬の歌 web site


うたびと 染矢敦子 web site


うたびと 染矢敦子 ブログ


     

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM